English

第16回日本脳神経外科救急学会

ハンズオンワークショップ申込受付

2011.01.12

開催主旨

2000年頃よりAHA主催のBLSコース、ACLSコースや、ICLSが普及し医師生涯教育や研修医、医学生教育の主体が従来のものから、より標準化に重点を置いてきている。

その中でも脳卒中初期診療コースとして日本救急学会及び日本神経救急学会が開発したISLS(Immediate Stroke Life Support)コースは脳神経、脳卒中領域にて重要な役割をにない、国際的にも大変評価されている。また、ACLSにおける脳卒中のカテゴリーを補うことにおいても重要なコースである。

これは、日本救急医学会と日本神経救急医学会の合同ISLS開発委員会により2005年~2006年にかけて奥寺らによって開発されたコースで、2009年4月1日に設立された「日本ISLSコース質の向上委員会」Japan ISLS Committeeにより運営されている。すでに多数の受講者が存在し、2009年には質の向上委員会が発足しファシリテーター制度などの質を維持するために必要なシステムが形成されている。

また、今回の本学会の教育コース、PNLSを開催する。従来から、脳神経外科医の救急医療へのかかわりは、高い割合を占めている。その一方で、脳神経外科救急医療において「標準化」はきわめて難しい定義であると思われるが、2009年1月埼玉で行われた、本学会にて初めて施行され、以後全国展開されている。2010年脳神経外科総会においてもワークショップが行われることになっている。これらのツールを通じて今後、教育コースとして開発されていくものである。

医師、看護師、救命士、理学療法士などを対象にプレホスピタルから病院内までの救急初期診療に関与する職種は多く、関心やそれぞれの熟達した専門領域はさまざまであり、診療における一定した統一性や共通用語の確立は困難であることが多い。実際に病院内でも各診療科において既存の役割があり、関連各部署においてもさまざまな見解をもち、関連部署の多い病院においては良好なチームワークの形成に難渋することがある。 脳卒中初期診療シミュレーション教育コースを通じてコースの内容自体を習得する役割だけでなく、多職種が集まれる特性を生かし、各部署とのコミュニケーションが得られ、チームワーク形成に貢献し、多職種の積極的学術集会への参加などを通じ、より質の高い初期診療を確立への可能性も示唆している。

今回の試みは脳神経救急生涯教育の一環として各種コースを開催することにより、「脳卒中関連患者における診療の充実。対象疾患患者割合の増加におけるスムーズな対応の強化。脳神経、脳卒中専門医師とのコミュニケーションの充実化を図り日常臨床現場にて活用する。」などが目的である。

ACNS in Malaysia

開催概要

一部ワークショップの時間帯と受講料の変更について

先日の日本脳神経外科学会第69回学術総会の会期中に、日本脳神経外科救急学会の臨時PNLS委員会が開催されました。

その中で、シミュレーション教育コース(PNLS)についての協議があり、本企画が日本脳神経外科救急学会において開発されたコースであることを踏まえ、より多くの方々に受講していただける配慮をとのことで、ワークショップの時間帯の変更及び受講料を以下の通りに見直し、お知らせすることといたしました。

また、東海地方の皆様に積極的な参加を期待しております。

すでに受講費を振り込まれた方には、学会当日、総合受付にて差額を返却させていただきます。お手数をお掛けしますが何卒よろしくお願いいたします。

2010年11月10日

2011年1月29日(土)

1. ISLSコース
 第8回ISLS-FUJITAコース
参加を締切ました。
時間 9:00~12:00
参加定員 約24名
受講費 5,000円 登録料1,000円 計6,000円
募集内容 受講生
インストラクター(受講費無料・ISLSの指導経験を列記)
2. PNLSワークショップコース
参加を締切ました。
時間 12:30~14:30
16:00~18:00
参加定員 無制限
受講費 20,000円(学会参加している方 15,000円)
10,000円(学会参加している方 7,000円)
募集内容 受講生
インストラクター(受講費無料・PNLSの指導経験を列記)
3. PNLSコース
参加を締切ました。
時間 15:00~18:00
12:30~15:30
参加定員 約24名
受講費 10,000円(学会参加している方 5,000円)
7,000円(学会参加している方 5,000円)
募集内容 受講生
インストラクター(受講費無料・PNLSの指導経験を列記)

2011年1月30日(日)

4. PCECコースの概要と展示
時間 9:00~11:30
講師 豊橋市民病院 鈴木伸行先生
参加定員 約50名
受講費 無料

*なおPCECコースではありませんので、受講修了証はありません。

お申込方法

1.
下記ボタンをクリックすると、申込フォーム画面が表示されます。
2.
必要事項を入力して下さい。
3.
入力内容を確認の上、「次へ」ボタンを押して下さい。
4.
受付が正しく完了した場合は、受付番号とともに通信連絡者あてに自動確認メールが配信されます。
*
自動確認メールが届かないなど、何らかの原因で受付が完了したかどうか不明な場合は、E-mailまたはFAXで事前参加登録事務局までお問い合わせ下さい。

 

申込はこちらから
「4. PCECコースの概要と展示」のみ継続して受付しています。

入力にあたって

参加費振込のお願い

お申し込み後、15日以内に参加費を下記銀行口座にお振込み下さい。
参加費入金をもって申込み完了となります(PCECコースを除く)。
*お申し込み後15日を過ぎても振込みがない場合は、ご予約は取り消しとなります。何卒御了承下さい。

参加費振込口座

銀行名 三井住友銀行 名古屋駅前支店
口座名
(フリガナ)
第16回日本脳神経外科救急学会 会長 加藤 庸子
(ダイ16カイニホンノウシンケイゲカキュウキュウガッカイ カイチョウ カトウヨウコ)
口座番号 普通口座 7356082

お問合せ先

第16回日本脳神経外科救急学会 事務局
(藤田保健衛生大学脳神経外科内)
〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
電話:0562-93-9253 FAX:0562-93-3118
E-mail:neuron2@fujita-hu.ac.jp